聴神経腫瘍の症状と検査・治療方法を知ろう!

聴神経腫瘍の症状と検査・治療方法を知ろう!

患者とナース

聴神経腫瘍の症状

聴神経腫瘍は、脳から出る神経を取り巻いている鞘と呼ばれる部分にできる良性腫瘍です。脳腫瘍の約10パーセントを占めると言われており、注意が必要です。聴神経腫瘍の症状は、主に難聴を引き起こします。難聴以外にも、めまいや顔面神経麻痺などが現れることがあります。突発性難聴との区別が難しいので、すぐに医師に相談することが大切です。

検査方法は色々

聴神経腫瘍の検査は、聴力検査や聴性脳幹反応などがあります。聴神経腫瘍の可能性が高いと判断された場合は、MRIによる検査を行う場合があります。難聴やめまいといった、聴神経腫瘍の症状が現れたら、すぐに病院での検査を行うようにしましょう。

聴神経腫瘍の治療

聴神経腫瘍は、良性腫瘍であるため、高齢者や小さい腫瘍の場合には、経過観察を行う場合が多いです。その後、聴神経腫瘍が大きくなり、手術の必要性が出てきたら治療を行います。治療方法は、主に、手術療法と放射線療法があります。それぞれ、治療方法にも特徴があるので、信頼できる医師と相談の上、判断しましょう。

早期に医師に相談しよう

このように、聴神経腫瘍は難聴を引き起こすので注意が必要です。比較的小さな腫瘍である場合は、経過観察から始まりますが、自分に合った適切な治療方法を選択しましょう。聴神経腫瘍の疑いがある場合は、早期に信頼できる医師に相談することが大切です。

広告募集中